【2022年度】IT導入補助金でパソコン購入!デジタル化導入基盤枠を解説

2022年度IT導入補助金では申請する枠によって購入できるものが違います。

中にはパソコンなどのハードウエア関係を購入する費用も補助される枠がありますので紹介します!

IT導入補助金の概要についてはこちらの記事をご覧ください。「【2022年度】IT導入補助金とは|注意点や採択事例などご紹介

ハードウェアが申請できる枠

2022年度IT導入補助金では一部の枠でハードウェアの購入費用が補助対象となります。

今回枠が「通常枠(A・B類型)」「セキュリティ対策推進枠」「デジタル化基盤導入枠」と3つあり、この中のデジタル化導入基盤枠で申請するとハードウェアの購入費用が、補助率1/2最大10万円まで補助されます。

デジタル化導入基盤枠とは

デジタル化導入基盤枠とは会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの経費の一部を補助することで、インボイス対応も見据えた企業間取引のデジタル化を推進することを目的としている補助事業です。

デジタル化導入基盤枠の中でも2種類に分かれており

①会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトのうち1つを導入する場合
補助率3/4以内、補助金額5万円~50万円以下までとなっています。

②会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトのうち2つ以上を導入する場合
補助率2/3以内、補助金額50万円超~350万円以下までとなっています。

①②両方ともハードウェアの購入費用が補助され、PC・タブレット・プリンター・スキャナー及びそれらの複合機器は補助率1/2以内、補助上限額10万円。
レジ・券売機等は補助率1/2以内、補助上限額20万円まで補助金が交付されます。

少し分かりにくいと思いますので、実際に採択された事例を紹介します。

採択事例

今年度実際に申請して採択された事例の申請内容をご紹介します。
こちらの事例ではデジタル化導入基盤枠補助金額50万円以下で申請しています。

申請ツール内容

会計ソフト(freee) 1年間 45,000円
会計ソフト初期設定費 100,000円
パソコン1台 200,000円
合計 345,000円

会計ソフト1年分 45,000円
会計ソフト初期設定費 100,000円
パソコン1台 200,000円

このような申請内容でソフトと設定費は3/4補助で105,000円、パソコンは1/2補助で100,000円の補助金を受けることができました。

IT導入補助金についてのお問い合わせ

注意点

IT導入補助金ではパソコンのみの購入では申請できません!補助事業の目的がインボイス対応を進めるためのソフト購入と、それに付随するパソコン等のハードウェア購入費に対する補助となっておりますので、必ずソフトウェアに付随するものとする必要があります。

まとめ

今回のIT導入補助金ではパソコンの購入も補助対象に含まれますが、ソフトと付随するといった形でのみ申請できます。この要件に当てはまる事業者様は採択率85%と超高確率で採択されますのでおすすめです!

株式会社みどりデジタルサポートでは今年度デジタル化導入基盤枠をメインにIT導入支援事業者として申請者さまのITツールの導入支援を行っております。
このツールを買いたいけれど対象になるか分からないなど、小さな疑問点でも気軽にお問い合わせ下さい。

IT導入補助金についてのお問い合わせ