【Excel】セル内の数字と文字を分割する方法【PowerQuery】

下記のエクセルのデータで同じセル内の数字と文字を分割し、「科目コード」・「科目名」列にする場合、この作業をExcelのショートカットキーやExcel Power Queryを使用すると一括で編集することができます。

関数を使用して分割するよりも素早く処理をすることができます。

Excel元データ

 

Excel

まずは、Excelを使用してセル内の数字と文字を分割する方法ご紹介します。

先頭行に入力

先頭行にセルを分割したいところで区切り、入力します。

今回のように一番後ろに数字が入っていたり入っていなかったりする場合は、下記のように二パターンになるように入力します。

Excel

 

ショートカットキーを使用

先頭行の下にあるセルを選択した状態で、「Ctrl+E」をクリックすると、テーブル内の全てのセルが先頭行に入力した表記と同じように表示されます。(動画)

 

Power Query

続いて、Excelの機能の1つであるPowerQueryでのやり方をご紹介します。

Excel Power Queryとは⇒ Excel Power Queryの使い方と導入メリット (mrgn.jp)

Power Queryを起動する

今回の場合は、既にテーブルになっているため「データタブ」にある「テーブルまたは範囲から」を選択します。

1.「データ」タブをクリックします。

データタブ

2.テーブル内のセルを選択し、「テーブルまたは範囲から」をクリックします。
(テーブル内のセルを選択せずにクリックすると、新しくテーブルの作成を求められます。)

テーブルまたは範囲から

3.Power Queryエディターの画面になったら起動は完了です。

PowerQueryエディター

データの整形・加工

1.列選択

分割したい列をクリックして選択します。

列選択

2.数字から数字以外による分割

分割したい列名の上でクリックし、①「ホーム」→②「列の分割」→③「数字から数字以外による分割」を
順にクリックして分割します。

数字から数字以外による分割

うまくいきました!

実行結果

データ出力

その後「閉じて読み込む」をクリックすると、新規シートとしてPower Queryで処理した内容のテーブルが
表示されます。

閉じて読み込む

実行シート

PowerQueryを使用すると、一括で編集することが可能です。

 

みどりデジタルサポートでは、自社で持っているデータをExcelのPowerQueryを使ってデータ加工を行っています。
自社データをもっと活用したいなどご興味のある方は下記ボタンより、お問い合わせください。


データ分析に関するお問い合わせはこちら

 

この記事をSNSでシェアする