PowerAutomate テキストの改行が反映されない場合の解消法

サムネ_PowerAutomate

Power Automate for DesktopからPower Automateへリスト型の変数を渡す際、その変数をTeamsの投稿アクションなどに「動的なコンテンツ」からそのままペーストすると、改行が無視されて全てが1行で表示されるため、読みにくくなってしまいます。

この問題を解決するための方法として、特定の式を使用することで、改行されたリスト形式での表示が可能となりました。その方法を以下でご紹介いたします。

【元となるリスト型の変数】

元リスト
目次

改行が反映されない場合

作成したフロー

まずは、Power Automate for Desktopから引き継ぎした上記の変数を「動的なコンテンツ」からそのままTeams「チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する」アクションに貼り付けます。

異常な表示例

フローの実行結果

リスト型の変数を表示すると、改行が無視され一行にまとまってしまい、読みにくくなっています。

Teamsメッセージ

改行の反映方法

ここから改行を反映させて表示させる方法を紹介します。

引き継いだ変数と式をTeamsアクションに貼り付け

「動的なコンテンツ」からPower Automate for Desktop(PAD)から引き継いだ変数と式を使用してTeams「チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する」アクションに貼り付けます。

  • 投稿者
    今回は「フローボット」を選択します。
  • 投稿先
    今回は「フローボットとチャットをする」を選択します。
  • Recipient
    フローボットとチャットする相手のメールアドレス(自分のメールアドレスなど)を任意で入力します。
  • メッセージ
    枠内をクリックすると、右下に表示される動的なコンテンツに下記の式を貼り付けます。
式の変更

「PADから出力されたリスト型の変数」を削除し、これより前のアクションで取得した変数が下に表示されるため、その中からPower Automate for Desktopから引き継いだリスト型の変数を選択します。

入力が完了したら、「OK」をクリックします。

動的なコンテンツ変更
HTML形式にする

式が入力できたら、右側にある「</>」を押して、HTML形式にします。

作成方法

上記のように「<p> </p>」が表示されたらフローを保存して実行してみます。

フローの実行結果

式を使用することで、リスト型の改行が反映され表示できました。

Teamsメッセージ

式とその式に対するタスク

上記で作成した際に使用した式とその式に対するタスクは下記のとおりです。

式のタスク
uriComponentToString文字列にデコード
replaceHTMLの改行タグに置換
uriComponentPowerAutomateforDesktopから出力したデータをURIエンコード

まとめ

今回は式を使用してリスト型をそのまま保つ方法をご紹介いたしました。

思ったようにうまくいかない…といったときにはぜひ式をお試しください。


サービス

みどりデジタルサポートでは、PowerAutomateのフローの作成・相談・研修・サポートを行っています。

PowerAutomateの基礎研修からエラー発生時の即時サポートまで、RPAに関するあらゆるニーズにお応えします。
「○○の自動化が可能か?」や「○○の操作方法は?」などのご質問や要望があればお気軽にお問い合わせください。2営業日以内にご返信いたします。

RPAに関するお問い合わせはこちら

販売中のフロー

みどりデジタルサポートで作成したフローを下記よりご購入いただけます。フローの購入をご検討している方で何かご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次