Microsoft Edgeの新たな使い方:アプリ化機能をご紹介

Microsoft Edgeの機能の1つに、「アプリとしてインストール」があります。
これにより、通常のWebサイトをデスクトップアプリとして扱い、簡単にショートカットを作成したり、タスクバーにピン留めしたりできます。
この機能を活用することで、よく使うサイトへのアクセスが簡素化され、生産性が向上します。

この記事では、Microsoft Edgeの「アプリとしてインストール」機能の使い方をご紹介します。

インストール

アプリとしてインストール

アプリ化したい該当ページを開き、「・・・(三点リーダー)」「アプリ」「このサイトをアプリとしてインストール」の順にクリックします。

アプリとしてインストール
インストール

上部にポップアップが表示されるため「インストール」します。

インストール
アプリを許可する

該当のものにチェックを入れて「許可」します。

  • タスクバーにピン留めする
    アプリを開いていない時でもタスクバーに常に表示
  • スタートにピン留めする
    スタートメニューに常に表示
  • デスクトップ ショートカットを作成する
    デスクトップにショートカットが追加
  • デバイス ログイン時の自動開始
    PC起動時に自動で起動

アンインストール

アプリの表示

Microsoft Edgeで適当なページを開き、「・・・(三点リーダー)」「アプリ」「アプリの表示」の順にクリックします。

アプリの表示
アプリの管理

アプリが表示されるため「アプリの管理」をクリックします。

アプリの管理
アンインストール

アンインストールしたい該当の「・・・(三点リーダー)」から「アンインストール」します。

アンインストール

まとめ

Microsoft Edgeの「アプリとしてインストール」機能は、Webサイトをデスクトップアプリとして扱う革新的な手段です。
Microsoft Edgeを最大限に活用して、効率化しましょう。

みどりデジタルサポートでは、Microsoft製品のExcelからPowerAutomate、PowerQuery・PowerBIといった製品の使い方研修、仕事に使えるChatGPTの使い方研修などを行っています。
ご興味のある方は下記ボタンより、お問い合わせください。

研修の詳細はこちら