PowerBI初心者が気象官署別気温をグラフ化してみた①

PowerBI初心者が、PowerBIをさわってみようと思い、総務省統計局(https://www.stat.go.jp/data/nihon/01.html)が掲載している「気象官署別気温」を試行錯誤をしてグラフを作成してみました。(作成日2022年7月29日)

part2はこちら → PowerBI初心者が気象官署別気温をグラフ化してみた②

part3はこちら → PowerBI初心者が気象官署別気温をグラフ化してみた③

データダウンロード・完成イメージ

まずは総務省統計局よりエクセルデータをダウンロードし、この表をもとにエクセルでグラフ化してみましたが、何重にも重なっていて、視覚的に分かりずらいグラフになっています。

そこで今回は、1都道府県ずつ確認ができ、複数選択すると平均が分かるグラフを作成しました。

複数選択で比較ができるグラフもこれからPowerBIを使いこなし、挑戦したいと思います!

令和2年 気象官署別気温 表

気象官署別気温データ

 

【Excel】令和2年 気象官署別気温 グラフ

気象官署別気温グラフ

 

【PowerBI】令和2年 気象官署別気温 グラフ

【使い方】

  1. 都道府県を選択し、クリックします
  2. もう一度クリックすると、選択解除され、もとに戻ります
  3. 平均グラフを表示するには、Ctrlキーを押しながら都道府県を複数クリックします

次回は、「PowerBIで気象官署別気温をグラフ化してみた②

このダウンロードしたエクセルの表をPowerBIで使用するため、PowerQueryで加工していきます。

 

みどりデジタルサポートでは、PowerBIやPowerAutomateなどのMicrosoft365に関する研修を行っています。
Microsoft365を導入しているがExcelやWordしか使ってなく、他のツールも活用したいといった方はぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら