WordPress 今日の日付を出力する方法

ワードプレスでホームページを制作する際に“最新記事○○月○○日~○○月○○日”のような毎にち日付が変わる表記を挿入したい場面がありました。

古い記事のものは使えなくなっているので、最新の書き方を紹介します。

phpのdate関数

まずはphpの日付を取得する関数を使います。
wordpressでもphpのdate関数を出力できます。
カッコ内を変更することで日付のみ取得などの出力形式を変更できます。

  1. <?php
  2. echo date(‘Y/m/d H:i:s’)
  3. ?>

出力した結果がこちら
2022/10/13 06:14:44
昼頃に出力しましたが、9時間ほどずれています

これはワードプレスの仕様で、date関数を使うとUTC(世界標準時)の日時が取得されるよう設定されています。

日本時間を出力する方法

WordPressで日本時間を出力を紹介します。

コードはこちら

  1. <?php
  2. echo wp_date(‘Y/m/d H:i:s’)
  3. ?>

date()の前にwp_を付けるだけでWordpressに設定したタイムゾーンでの日付・時刻が出力できます。
使い方はdate関数と同じです。

出力結果
2022/10/13 15:14:44

日本時間が表示されました。

その他の出力方法

もう一つ日時出力の方法がありますので紹介します。
上記方法で出力されない場合こちらもお試しください。

コードはこちら

  1. <?php
  2. echo date_i18n(‘Y/m/d H:i:s’)
  3. ?>

こちらの方法はWordpressのバージョンによってはうまく出力されない可能性があります。

 


Webサイトを運営するにはXserverがおすすめです。

お知らせ

みどりデジタルサポートでは、Wordpressを使ったWEBサイト制作を行っています。
お困りの方は下記ボタンよりお問い合わせください。

WEBサイトに関するお問い合わせはこちら

この記事をSNSでシェアする