【Power Automate for Desktop】SharePointアクションの使い方をご紹介

今回は、Power Automate for DesktopにあるSharePointのアクションの使い方をご紹介します。

SharePointのアクションを使う前にPower Automate のソリューションで接続する必要があります。
先に設定をしてからSharePointアクションをご使用ください。

接続方法はこちら⇒⇒【Power Automate for Desktop】SharePointアクションの接続方法 (d-spport.jp)

※プレビュー中はアテンド型RPAのライセンスが必要になります。

パスによるフォルダー メタデータの取得

フォルダーに関する情報を取得することが出来るアクションです。

<パラメーターの選択>

サイトのアドレス:該当のSharePointサイトのアドレス

フォルダーのパス:ドキュメントのフォルダーパスを入力(/Shared Document から入力します)

変数:%GetFolderMetadataByPathResponse%

パスによるフォルダー メタデータの取得

<実行結果>

実行した結果、以下のような情報が取得できました。

パスによるフォルダー メタデータの取得

 

フォルダーの一覧

SharePointフォルダーに含まれているファイルを返します。

<パラメーターの選択>

サイトのアドレス:該当のSharePointサイトのアドレス

ファイル識別子:「パスによるフォルダー メタデータの取得」で取得できる「Id」を使用

変数:%ListFolderResponse%

フォルダーの一覧

 

<実行結果>

実行した結果、フォルダーにあるファイルがリスト型で取得することが出来ました。

フォルダーの一覧

また、詳細表示をクリックするとプロパティを閲覧することも可能です。

4フォルダーの一覧

パスによるファイル メタデータの取得

ファイルに関する情報を取得することが出来るアクションです。

<パラメーターの選択>

サイトのアドレス:該当のSharePointサイトのアドレス

ファイル パス:ドキュメントのファイルパスを入力(/Shared Document から入力します)

変数:%GetFileMetadataByPathResponse%

パスによるファイル メタデータの取得

<実行結果>

実行した結果、以下のような情報が取得できました。

パスによるファイル メタデータの取得

パスによるファイル コンテンツの取得

ファイル コンテンツを取得することが出来るアクションです。

<パラメーターの選択>

サイトのアドレス:該当のSharePointサイトのアドレス

ファイル パス:以下の2通り
・ドキュメントのファイルパスを入力(/Shared Document から入力します)
・「パスによるファイルメタデータの取得」で取得できる「Path」を使用

変数:%GetFileContentByPathResponse%

パスによるファイル コンテンツの取得

 

SharePointのファイルをローカルへ

SharePointにあるファイルをデスクトップといったローカルへ作成する場合、「パスによるファイル コンテンツの取得」でファイルコンテンツを取得したあとに、「バイナリデータをファイルに変換」というアクションを使用します。

バイナリデータをファイルに変換

<パラメーターの選択>

バイナリ データ:「パスによるファイル コンテンツの取得」で生成される変数(%GetFileContentByPathResponse%)が表示されます

ファイル パス:保存先のファイル パスを入力します。

ファイルが存在する場合:ファイルが既に存在する場合の対処法を選択します

バイナリデータをファイルに変換

 

ファイルの削除

SharePointにあるファイルを削除することが出来るアクションです。

<パラメーターの選択>

サイトのアドレス:該当のSharePointサイトのアドレス

ファイル識別子:「パスによるファイル メタデータの取得」で取得できる「Id」を使用(ファイルパスはエラーになります)

ファイルの削除

ファイルの作成

SharePointサイトにファイルを作成することが出来るアクションです。

ローカルのファイルをSharePointへ

ローカルにあるファイルをSharePointサイトへアップロードするためには「ファイルをバイナリデータに変換」というアクションを使用します。

ファイルをバイナリデータに変換

<パラメーターの選択>

ファイルパス:SharePointへアップロードしたいファイルを入力・選択します。

変数:%BinaryData%

ファイルをバイナリデータに変換

 

ファイルの作成

<パラメーターの選択>

サイトのアドレス:該当のSharePointサイトのアドレス

フォルダーのパス:ドキュメントのフォルダーパスを入力(/Shared Document から入力します)

ファイル名:拡張子をつけ、ファイル名を入力します。

ファイルコンテンツ:「ファイルをバイナリデータに変換」で生成された変数(%BinaryData%)を使用します

ファイルの作成

SharePointのファイルを別のSharePointサイトへ

パスによるファイルコンテンツの取得

入力内容は、4 パスによるファイルコンテンツの取得をご覧ください。

パスによるファイル コンテンツの取得

 

ファイルの作成

<パラメーターの選択>

サイトのアドレス:該当のSharePointサイトのアドレス

フォルダーのパス:ドキュメントのフォルダーパスを入力(/Shared Document から入力します)

ファイル名:拡張子をつけ、ファイル名を入力します。

ファイルコンテンツ:「パスによるファイルコンテンツの取得」で生成された変数(%GetFileContentByPathResponse%)を使用します

ファイルの作成

ファイルの更新

SharePointサイトのファイルを更新することが出来るアクションです。

<パラメーターの選択>

サイトのアドレス:該当のSharePointサイトのアドレス

フォルダーのパス:ドキュメントのフォルダーパスを入力(/Shared Document から入力します)

ファイル名:拡張子をつけ、ファイル名を入力します。

ファイルコンテンツ:

ローカルのファイルをデータを更新する場合「ファイルをバイナリデータに変換」で生成された変数(%BinaryData%

SharePointにあるファイルのデータを更新する場合「パスによるファイルコンテンツの取得」で生成された変数(%GetFileContentByPathResponse%

変数:%UpdateFileResponse%

ファイルの更新

 

 

 

 

RPAノウハウは、Power Automate作成担当者がフロー作成中にエラーになり、
困ったことの解決策や小ワザを紹介していきます。皆様のお役に立てれば幸いです。


RPAに関するお問い合わせはこちら

 

この記事をSNSでシェアする

PowerAutomateの参考書

できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA (できるシリーズ できるシリーズ) [ あーちゃん ] Power Automate for Desktop RPA開発 超入門 [ 掌田津耶乃 ] Power AutomateではじめるノーコードiPaaS開発入門 [ 掌田津耶乃 ]