オンラインストレージOneDriveの特徴と基本設定

Microsoftが提供するOneDrive(個人用のオンラインストレージサービス)の特徴と基本設定についてご紹介します。OneDriveを活用して安全かつ効率的にファイルを管理しましょう。

OneDriveとは

OneDriveは個人用のオンラインストレージサービスです。オンライン上に画像や動画などのファイルを保存して編集・閲覧したり、他のユーザーと共有したりすることができます。

OneDriveの特徴

どのデバイスからでも使用できる

PCやスマートフォン、タブレットといったデバイスや場所を問わず、ファイルにアクセスすることができるため、テレワークをしたり外出が多いという方は、OneDriveでファイル管理することをお勧めします。

ファイルの共有・共同編集が可能

OneDriveに保存したファイルは他のユーザーと共有することができます。また共有したユーザーとファイルを共同編集することができます。

ファイルの保護

OneDriveは、ファイルを保存する際に暗号化され、ユーザー認証やセキュリティ機能などで保護されます。また、特定のファイルやフォルダーをパスワードで保護することもできます。

バックアップが可能

OneDriveにファイルを保存しておけば、デバイスに何かあった場合でもデータを失う心配はありません。サイバー攻撃などの被害にあってもファイルを復元することができ、誤って削除や編集をした場合でも、過去のバージョンに元に戻すことができます。OneDriveで管理することで、ファイルの上書きなどの失敗からデータを守ることができます。

ブラウザーでOneDriveを起動する方法

Microsoft365のページを開き、アプリ起動ツールをクリック

下記リンクにアクセスして、Microsoft365のページを開きます。

https://www.microsoft365.com/

アプリ起動ツール(9つの点)をクリックします。

OneDriveを選択

OneDriveを選択して、クリックします。

基本設定

通知設定

OneDriveに関する通知の設定を変更することができます。

画面右上にある歯車マークから”OneDriveの設定”をクリック
該当通知のオンオフの切り替え

OneDriveを復元する

エラーが発生した場合、OneDriveを以前の時間に復元することができます。

画面右上にある歯車マークから”OneDriveの設定”をクリック
以前のバージョンに戻したい日付を選択もしくは”ユーザー設定の日付と時刻”で入力

ダークモード

画面右上にある歯車マークからダークモードに変更することが出来ます。ダークモードのあり・なしどちらかご自身にあったものを選択してください。

画面右上にある歯車マークから”すべて表示”をクリック
画面右上にある歯車マークから”すべて表示”をクリック

ダークモードなし

ダークモードあり

まとめ

個人用オンラインストレージ「OneDrive」の特徴と基本設定についてでした。セキュリティ面や使いやすさ等を考え、デスクトップに保存しているファイルからOneDriveに移行していきましょう。

みどりデジタルサポートでは、Microsoft製品のExcelからPowerAutomate、PowerQuery・PowerBIといった製品の使い方研修、仕事に使えるChatGPTの使い方研修などを行っています。
ご興味のある方は下記ボタンより、お問い合わせください。

お問い合わせはこちら