【PowerAutomate】Teamsメンションをしてメッセージ投稿する方法

サムネ_PowerAutomate

Power AutomateでTeamsのメンションをつけてメッセージを投稿する方法を2種類ご紹介いたします。

メンションとは、特定のユーザー宛てにメッセージを送る際に使う機能で、メンションをすることで相手に気づいてもらいやすく返信を得やすくなります。

Teamsでは「@+ユーザー名」または「@+メールアドレス」でメンションをすることができますが、Power Automateでは「@」を入力してもテキストとして認識され、メンションとして機能しませんので、今回ご紹介する2種類の方法をお試しください。

目次

アクションを使用

1つ目はアクション「ユーザーの @ mentionトークンを取得する」を使用します。

アクション「ユーザーの @ mentionトークンを取得する」を追加・設定

新しいステップをクリックします。

PowerAutomate

「Microsoft Teams」を選択します。

PowerAutomate

アクション「ユーザーの @ mentionトークンを取得する」を追加します。

PowerAutomate

ユーザー入力欄にメールアドレスを入力します。
「動的なコンテンツ」から選択して使用することも可能です。

PowerAutomate

アクション「チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する」を追加・設定

新しいステップの「Microsoft Teams」から「チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する」を追加します。

PowerAutomate

投稿するチャネル等を選択後、メッセージ入力欄に「動的なコンテンツ」から「@ mention」を選択します。
メンションはフルネームで表示されるため、末尾に「様」や「さん」といった敬称をつけましょう。

PowerAutomate

実行結果

保存して実行結果を確認します。

PowerAutomate

<at>タグを使用

2つ目は<at>タグを使用します。
上記で紹介したアクション「チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する」も実はこの<at>タグがつけられるアクションです。
これをアクションを使用せず手入力する方法になります。

アクション「チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する」を追加・設定

新しいステップをクリックし、「Microsoft Teams」の「チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する」を追加します。

投稿するチャネル等を選択後、メッセージ入力欄にメンションをしたい人のメールアドレス・投稿したいメッセージを入力します。
入力後、右にある「コードビュー」をクリックします。

PowerAutomate

「コードビュー」をクリックしたあとにメールアドレスの前後に<at>タグを入力します。
ファイルアイコンをクリックして、コピーしご使用ください。

<at>メールアドレス</at>

<at>タグをつけたら敬称も忘れずにつけましょう。

PowerAutomate

実行結果

保存して実行結果を確認します。

PowerAutomate

まとめ

アクションを使用する方が簡単ですが、処理の多いフローだとタグを使用する方がアクションの数が減り、すっきりしますので、使い分けてお使いください。

お問い合わせ

みどりデジタルサポートでは、Power Automateのフローの作成・相談・研修・サポートを行っています。

詳細は以下の記事をご覧ください。

Power Automateの基礎研修からエラー発生時の即時サポートまで、RPAに関するあらゆるニーズにお応えします。
「○○の自動化が可能か?」や「○○の操作方法は?」などのご質問や要望があればお気軽にお問い合わせください。2営業日以内にご返信いたします。

販売中のフロー

みどりデジタルサポートで作成したフローを下記よりご購入いただけます。

サイドバー_法人番号検索フロー
バナー_JANコード商品価格検索フロー

サービス

みどりデジタルサポートでは、PowerAutomateのフローの作成・相談・研修・サポートを行っています。

PowerAutomateの基礎研修からエラー発生時の即時サポートまで、RPAに関するあらゆるニーズにお応えします。
「○○の自動化が可能か?」や「○○の操作方法は?」などのご質問や要望があればお気軽にお問い合わせください。2営業日以内にご返信いたします。

RPAに関するお問い合わせはこちら

販売中のフロー

みどりデジタルサポートで作成したフローを下記よりご購入いただけます。フローの購入をご検討している方で何かご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次