エクセルインボイスチェックのご紹介

いよいよ2023年10月から導入される「インボイス制度」に備えるため、仕入先が適格請求書発行事業者であるかを、1000件以上の仕入先でも一度に確認することができるシステム「エクセルインボイスチェック」を開発しましたので、ご紹介します。

仕入先が適格請求書発行事業者ではない場合、税務署に納付する消費税から仕入額が控除されなくなりますので、事前にインボイス番号を取得していない仕入先に通知し、仕入先と事前折衝するためにご活用いただくシステムです。


 

※このシステムは、貴社専用の国税庁 Web-API アプリケーションIDを設定しますので、必ず貴社内のみでご使用ください。
万一、本ファイルがコピーされ他社が使用するというような事態が発生した場合、国税庁Web-APIの利用規約違反となり、利用停止となる怖れがありますのでご注意ください。

使用方法

Excelに調べたい会社の名前・都道府県名を入力

Excelを起動し、調べたい会社の名前・都道府県名を入力します。

入力する際にあらかじめ、仕入先のリストなどがあるとすぐに検索できますので、おすすめです!

Excel

データを更新する

入力が完了したら、「データ」タブにある「すべて更新」をクリックします。

Excel

結果を確認

更新が完了したら、別シートにある検索結果を確認します。

このシートを確認することで、インボイス番号を取っているのかを判断することができます。

Excel

また、調べたい「法人名」・「都道府県名」を変更することで、何度も繰り返し使用することができます。

 

YouTubeにもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

 

このシステムの購入について

このシステムは、MDS STORESにて購入することができます。

システム価格:5万円

今すぐご購入したい方は下記よりクリックしてください。


 

利用規約はこちら

ぜひこのシステムを導入し、2023年10月から開始するインボイス制度に備えましょう!

 


データ分析に関するお問い合わせはこちら

 

この記事をSNSでシェアする


Excel Power Query データ収集・整形 自動化入門 [ E-Trainer.jp ]