法人番号自動検索フローを作成しました!

Power Automate for Desktopで法人番号を自動で検索するフローを作成しました!

このフローは、Excelファイルに入力された企業名・企業のエリア(都道府県)をもとに「国税庁 法人番号公表サイト」からその会社の法人番号、住所を検索することが出来ます。

郵送でDMをお送りする際などの送付先情報を取得するのに活躍するフローです。

RPA導入前後

フロー全体の流れ

Excelを読み取る

Excelファイルに入力されているデータを読み取ります。
※企業名・企業のエリア(都道府県)が入力されている前提です。

エクセル

「国税庁 法人番号公表サイト」を開き、検索

「国税庁 法人番号公表サイト」を開き、読み取った企業名と企業のエリア(都道府県)を入力・検索します。

法人番号公表サイト

検索結果をExcelに入力

検索結果の法人番号と住所をExcelに入力します。

法人番号公表サイト

 

RPAの稼働が完了したら、入力されたExcelファイルをチェックしてデータ入力は完了です。

手作業で行っていた作業をRPAがすることで、大幅な時間削減・業務の効率化につながりました!

 

お知らせ

みどりデジタルサポートでは、RPAで作成したフローの販売を行っております。

この記事のフローは、こちらから購入することが出来ます。


また別のフローはこちらから⇒https://mdsec.stores.jp/

 

RPAノウハウは、Power Automate作成担当者がフロー作成中にエラーになり、
困ったことの解決策や小ワザを紹介していきます。皆様のお役に立てれば幸いです。


RPAに関するお問い合わせはこちら

 

この記事をSNSでシェアする

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Power Automate for Desktop RPA開発 超入門 [ 掌田津耶乃 ]
価格:2970円(税込、送料無料) (2022/9/29時点)