【Excel】【Power Query】不要な空白行を一括削除する方法

今回は、Excel の機能やExcel Power Queryを使用して行をまとめて削除する方法をご紹介です。

他のデータからコピペして貼り付けた際など不要な空白行ができる時などに使えます

例えば、下記のようなエクセルがあった場合、12行目~14行目は全て空白のため不要になりますので、一括削除して業務を効率化しましょう。

エクセル

Excel

列を選択して削除

削除したい列を選択、右クリックして「削除」をクリックします。

ショートカットキーの場合、列を選択した後「Ctrl」+「-(マイナス)」で削除できます。

Excel

 

フィルターで削除

「データ」タブにある「フィルター」をクリックし、作成しているテーブルや表にフィルターをつけます。

フィルターをつけると先頭列に「▼」のマークがつきます。

Excel

 

「▼」をクリックして空白セル以外の☑を外し、空白セルのみ☑がついている状態にして「OK」をクリックします。

Excel

 

空白のセルのみの行が表示されるため、列を選択して、右クリックから「削除」をクリックまたは「Ctrl」+「-(マイナス)」で削除します。その後フィルターを外すと空白行が削除されたデータになります。

このやり方ですと途中で空白列があるデータも一括で列を削除することが出来ます。

 

Power Query

続いて、Excelの機能の1つであるPowerQueryで空白をまとめて削除する方法をご紹介します。

Excel Power Queryとは⇒ Excel Power Queryの使い方と導入メリット (mrgn.jp)

Power Queryを起動する

今回の場合は、既にテーブルになっているため「データ」タブにある「テーブルまたは範囲から」を選択します。

「データ」タブをクリックします。

データタブ

 

テーブル内のセルを選択し、「テーブルまたは範囲から」をクリックします。
(テーブル内のセルを選択せずにクリックすると、新しくテーブルの作成を求められます)

テーブルまたは範囲から

 

Power Queryエディターの画面になったら起動は完了です。

powerqueryエディター

 

データの整形・加工

今回は最終行を削除するため、「上位の行を保持」「下位の行の削除」「フィルター削除」の3パターンをご紹介します。

1.上位の行を保持

  1. 「ホーム」
  2. 「行の保持」
  3. 「上位の行を保持」

の順にクリックします。

上位の行を保持

 

保持する行の数を指定します。今回は、10行目までで良いため「10」と入力し、OKを押します。

上位の行を保持

 

うまくいきました!

実行結果

 

2.下位の行の削除

  1. 「ホーム」
  2. 「行の削除」
  3. 「下位の行の削除」

の順にクリックします。

 

削除する行の数を指定します。今回は、11行目~13行目までが不要のため「」と入力し、OKを押します。

下位の行の削除

 

うまくいきました!

実行結果

 

3.フィルター削除

「▼」をクリックして「空の削除」をクリックします。このやり方ですと途中で空白列があるデータも一括で列を削除することが出来ます。

☑にある(null)の選択を外して「OK」をクリックしても出来ますが、「空の削除」のほうが手順が少ないためおすすめです。

Excel

 

データ出力

その後「閉じて読み込む」をクリックすると、新規シートとしてPower Queryで処理した内容のテーブルが表示されます。

閉じて読み込む

 

実行結果

Excelの機能の1つであるPowerQueryを使用すると、一括で編集することが可能です。

 

みどりデジタルサポートでは、自社で持っているデータをExcelのPowerQueryを使ってデータ加工を行っています。
自社データをもっと活用したいなどご興味のある方は下記ボタンより、お問い合わせください。

 

データ分析に関するお問い合わせはこちら

 

この記事をSNSでシェアする