Power Automate 作成したフローの共有方法

Power AutomateやPower Automate for Desktopで作成したフローの共有方法をご紹介します。

作成したフローを共有することで、他ユーザーがフローを編集・実行することができます。

またフローを共有するのではなく、コピーを渡すことも可能です。

Power Automate(クラウド フロー)の共有

Power Automate(クラウド フロー)を共有する場合、3つの方法があります。

所有者として共有

作成したフローの所有者として共有した場合、フローの編集・更新・削除ができます。実行履歴を確認することも可能です。

またフローの作成者ではありませんが、他ユーザーを追加・削除することができます。

1.共有したいフローの・・・(より多くのコマンド)から「共有」をクリックします。

PowerAutomate所有者として共有

 

2.共有したいユーザーの名前またはメールアドレスを入力します。

PowerAutomate所有者として共有

共有されたユーザーにはMicrosoft Power Automateからメールが届き、フローの編集・更新等を行うことができます。

フローを共有すると、「クラウド フロー」から「自分と共有」欄にフローが表示されますので、ご注意ください。

PowerAutomate所有者として共有

実行権限のみを共有

実行権限のみを共有した場合、フローの編集・更新・削除はできませんが、フローを実行(トリガー)することができます。

主にインスタント フロー(実行ボタンを押してフローを実行)の場合、この権限を共有することで多くのユーザーが実行できます。

1.実行権限をユーザーに共有したいフローをクリックして、フローの詳細画面を表示します。右下にある実行のみのユーザーの「編集」をクリックします。

PowerAutomate実行権限のみ共有

 

2.共有したいユーザーの名前またはメールアドレスを入力、選択して保存します。

PowerAutomate実行権限のみ共有

共有されたユーザーにはMicrosoft Power Automateからメールが届きます。これでフローを実行することができます。

コピーを送信

作成したフローのコピーを他ユーザー送信することで、他ユーザーが作成する際のテンプレートとして使用することができます。

共有ではなくコピーを送信しますので、作成するユーザーが独自に変更することができます。

1.共有したいフローの・・・(より多くのコマンド)から「コピーの送信」をクリックします。

PowerAutomateコピーの送信

 

2.フローの説明・共有したいユーザーの名前またはメールアドレスを入力して、送信をクリックします。※説明は25文字以上入力する必要があります。

PowerAutomateコピーの送信

共有されたユーザーにはMicrosoft Power Automateからメールが届きます。「フローの作成に進む」でフローを編集することができます。

PowerAutomateコピーの送信

Power Automate for Desktop(デスクトップ フロー)の共有

Power Automate for Desktopで作成したデスクトップ フローの共有は2つの方法があります。

ユーザー・共同所有者として共有

1.実行権限をユーザーに共有したいフローの「共有」をクリックして、アクセスを管理するの画面を表示します。

PowerAutomateデスクトップフロー

 

2.ユーザーまたは共同所有者のどちらかを選択して保存します。

ユーザー:フローの実行のみ、変更は不可

共同所有者:編集、削除、実行履歴の表示、他のユーザーの追加や削除が可能

PowerAutomateデスクトップフロー

 

フロー自体をコピー・貼り付け

この方法は、フローを他ユーザーと共有するのではなく、作成したフローのシナリオをコピーして貼り付けする方法になります。

まずフローを作成したユーザーが、フローをコピーし、全てメモ帳に貼り付けます。

このメモ帳を共有相手のユーザーが、全てコピーして自身のPower Automate for Desktopに貼り付けるとフローを全て共有することができます。

PowerAutomateデスクトップフロー

PowerAutomateデスクトップフロー

この方法ですと無料でテナントが違うユーザーにもフローを引き渡すことが可能です。

まとめ

複数人がフローを編集できるとエラー・不具合等が発生した際に素早く対応することができ、効率化・生産性の向上がはかれます。

フローを作成した後は、ぜひ他ユーザーと共有しましょう。

他にも作成したRPAを紹介しておりますので、ご一読ください。

法人番号自動検索フローを作成しました!

 

RPAノウハウは、Power Automate作成担当者がフロー作成中にエラーになり、 困ったことの解決策や小ワザを紹介していきます。皆様のお役に立てれば幸いです。

RPAに関するお問い合わせはこちら