【IT導入補助金】セキュリティアクションの取得方法と番号の確認方法

IT導入補助金に申請する為に法人の場合は履歴事項全部証明書 個人の場合は運転免許証の写しなど、事前に準備が必要なものがあります。
その中で、申請の際にSecurityAction自己宣言IDというものが必要となります。

この記事ではSecurityAction自己宣言IDの取得方法と申請の際に必要な番号の確認方法を紹介します。

SECURITY ACTION自己宣言IDの取得

SecurityAction自己宣言IDの取得をするには、こちらのサイトから登録を行う必要があります。
https://security-shien.ipa.go.jp/security/entry/index.html

事業者情報の入力

ページへ入り、使用規約に同意をして事業者情報の入力を行います。

セキュリティアクション事業者情報

自社の情報を入力して、パスワードを設定したのち次へ進んでください。

自己宣言の内容

自己宣言入力ページで宣言の内容を決めます。
宣言の内容は【一つ星】を選択してください。IT導入補助金では一つ星さえ取っておけば問題ございません。
あとは使用規約にチェックしたり担当者情報を入力したりして進めてください。
自己宣言ページ

 

すべて入力して次へ進むと登録したメールアドレスにSecurityActionからメールが届きます。
届いたメールに記載のURLからセキュリティアクションのページへ入ります。

自己宣言メール

IDの取得

ページへ入ると利用者番号と自己宣言IDが表示されます
IT導入補助金に必要な自己宣言ID(4から始まる11桁のコード)を保存しておいてください。

自己宣言ID

これで取得は完了です。
10分程度で取得できますので、ぜひ取得してみてください。

アカウント作成済みの方のID確認方法

すでにアカウントを作成済みの方は、登録しようとするとエラーが表示され進めません。

ログインできる方

ログインできる方は画面右上のログインからログインしてください。
ログイン後、利用者情報ページに入り、統合状況項目の中に自己宣言IDがありますので、こちらを使って申請を進めてください。

ログイン

ログイン情報が分からない方

ログイン情報が分からず入れない方や新しく作成出来ない方は、下記セキュリティアクションの問い合わせよりお問い合わせください。

https://security-shien.ipa.go.jp/portal/inquiry/index.html

まとめ

今回はIT導入補助金の申請の際に必要なセキュリティアクションの自己宣言IDの取得方法でした。
無料で取得することができ、その他の補助金でも使う可能性がありますので取得しておいて損はないかと思います。