PowerAutomate英語表記の曜日を日本語に変換する方法

PowerAutomateで「〇月〇日(△)までに提出をお願いします」というメールを書く際、日時と曜日を自動で入力したいと思ったことはありませんか?
通常、日付や時刻の表示形式を変更しようとすると、曜日が「Sun」や「Sunday」などの英語で表示されることが多いです。しかし、特定の式を使用することで、簡単な手順で曜日を日本語表示にすることができます。

曜日を日本語で表示するステップ

まず、対象となる日時を取得します。詳しい手順は、「日付や時刻の表示形式のカスタマイズ」を参照してください。

「変数を初期化する」アクションを追加

まず、新しいステップを追加し、「組み込み」の中にある「変数」を選択します。

変数アクションを選択

選択後、複数ある変数アクションの中から「変数を初期化する」アクションを選択します。

変数を初期化する
式の入力

変数の中に時刻の値を入れるため、関数を追記していきます。

アクションに記載する各項目はこちら

  • 変数名
    「曜日取得」という名前を入力します。
  • 種類
    文字列を選択します。

  • 右下に表示される動的なコンテンツから、下記の式をコピーして貼り付けます。
createArray('日','月','火','水','木','金','土')[dayOfWeek(variables('変数名'))]
作成方法
変数名の変更

variablis(‘変数名’)を削除し、前回の記事で取得した日時関連の変数を選択します。

変数変更

すべての入力が完了したら、「OK」をクリックしてフローを保存し、実行してみましょう。

正常な表示例
結果の確認

実行結果を確認すると、日本語での曜日表示が正確に行われていることが確認できます。

実行結果

まとめ

今回は、メールなどで日付とともに日本語の曜日を表示する方法を紹介しました。

この方法を活用し、業務の効率化を行いましょう

サービス

みどりデジタルサポートでは、PowerAutomateの研修・フローの作成・相談・サポートを行っています。

PowerAutomateの基礎研修からエラー発生時の即時サポートまで、RPAに関するあらゆるニーズにお応えします。
「○○の自動化が可能か?」や「○○の操作方法は?」などのご質問や要望も、記事として掲載し解説いたします。

ご興味や疑問、要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。2営業日以内にご返信いたします。

RPAに関するお問い合わせはこちら

販売中のフロー

みどりデジタルサポートで作成したフローを下記よりご購入いただけます。フローの購入をご検討している方で何かご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。