Power Automate for DesktopにSharePointのアクションが追加されました

PowerAutomate for Desktopの2022年8月のアップデートがリリースされ、新機能としてSharePointのアクションが追加されました。(バージョン:2.23.114.22217)

弊社では、SharePointを利用しているため待ちに待ったリリースですので、さっそく使ってみたいと思います!!

現時点ではプレビュー版ですので、今後変更があると思いますが、SharePointの操作がスムーズなれば嬉しいです。

※プレビュー中はアテンド型RPAのライセンスが必要になります。

Microsoftの公式ページはこちら
SharePoint (プレビュー) – |の電源自動化マイクロソフトドキュメント (microsoft.com)

PowerAutomate for Desktopのインストール

Power Automate Desktopをダウンロード

ここから、Power Automate Desktopをダウンロードします。

Setup.Microsoft.PowerAutomate.exeファイルを開く

ダウンロードしたファイルを開き、インストールを完了させます。

左下にあるバージョンが2.23.114.22217になれば使用可能です。

インストール成功

追加されたSharePointのアクション

アクション一覧の1番下に SharePoint(プレビュー)が追加され、7つのアクションが追加されています。

SharePointのアクション

ソリューションの設定

ソリューションを設定する

SharePointのアクションを使う前にソリューションを設定する必要があります。

設定せずにアクションを配置すると以下のような注意書きが表示されますので「Power Automate ポータル」のリンクをクリックして、Power Automate をブラウザーで開きます。

ファイルの更新

Power Automateのソリューションを開く

ソリューションを開き、 「新しいソリューション」をクリックします。

ソリューション

新しいソリューションを作成

新しいソリューションを作成します。

新しいソリューション

・表示名を任意で入力
(名前欄は自動で入力されます)

・公開元を選択

・バージョンはそのまま

「作成」をクリック

追加されたソリューションを選択

1番上に追加された新しいソリューションを選択します。

ソリューションを選択

接続参照の作成

新しい接続参照を作成する

ソリューションを作成したらSharePointの接続を追加する必要があります。

「新規」をクリックし、「その他」から「接続参照」を選択します。

接続参照

 

新しい接続を作成します。

新しい接続参照・表示名を任意で入力(件名欄が自動で入力されます)

・コネクタ「SharePoint」

・接続「メールアドレス」が表示されるため
接続したいメールアドレスを選択

作成をクリック

Power Automate for Desktopで確認

作成が完了したら、PowerAutomate for Desktopを開き、もう一度アクションを配置します。
うまく出来ました!

ファイルの更新

SharePointのアクションの正式リリース、新しいアクションの追加が楽しみです!

 

RPAノウハウは、Power Automate作成担当者がフロー作成中にエラーになり、
困ったことの解決策や小ワザを紹介していきます。皆様のお役に立てれば幸いです。


RPAに関するお問い合わせはこちら

 

この記事をSNSでシェアする

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Power Automate for Desktop RPA開発 超入門 [ 掌田津耶乃 ]
価格:2970円(税込、送料無料) (2022/9/29時点)