IT導入補助金2024年度はどうなる?現時点での情報を紹介

2024年度のIT導入補助金に関する重要な更新があります。この記事では、2023年度の制度と比較し、新たに変更されたポイントを詳しく解説します。特にインボイス制度の導入やECサイト制作補助の廃止など、事業者にとって重要な情報を分かりやすくご紹介します。

2023年度と2024年度のIT導入補助金の主な変更点

2023年度と2024年度のIT導入補助金での主な変更点を以下にまとめます。

デジタル化基盤導入枠からインボイス枠への変更

2023年度では、デジタル化基盤導入枠が廃止され、新たにインボイス枠が設置されました。

変更点①: ECサイト制作が補助対象外に

  • 2024年度では、インボイス対応類型が新設され、以前デジタル化基盤導入枠で補助されていたECサイト制作は対象外となりました。
  • 代わりに、インボイス制度に対応する会計・受発注・決済ソフトウェアが補助対象に加わりました。
  • 小規模事業者は、50万円以下の申請であれば4/5が補助されます。

変更点②: 電子取引類型の新設

  • 新たに電子取引類型が追加され、インボイス制度に対応した受発注ソフトが対象となりました。
  • 中小企業・小規模事業者は補助率2/3、大企業は補助率は1/2です。
  • 補助の上限は350万円まで、クラウド利用料(最大2年分)も補助対象になります。

その他申請の要件については2023年度と変わりませんので、こちらをご確認ください。

まとめ

2024年度のIT導入補助金の最新情報をご紹介しました。重要な変更点として、ECサイト制作の補助が廃止され、インボイス制度への対応に焦点が当てられています。これは、補助金の適用範囲が特定の分野に絞られ、利用可能なツールが限定されたことを意味します。この変更により、一部の事業者にとっては補助金の活用が難しくなる可能性もあります。

しかし、新しい制度がどのように事業に影響を与えるかを理解することは重要です。補助金の詳細や申請方法についてさらに知りたい方は、中小企業庁の公式サイトをご覧ください。
この補助金を最大限活用して、ビジネスのデジタル化を推進しましょう。

最新のIT導入補助金についての詳細は、中小企業庁の公式ウェブサイトで公開されているチラシをご覧ください。チラシはこちらからアクセスできます。


みどりデジタルサポートはIT導入支援事業者として申請者のITツールの導入支援を行っております。
この会計ソフト導入したい!パソコンを導入したい!など小さな疑問点でもお気軽にお問い合わせ下さい。
2営業日以内にご返信いたします。

お問い合わせいただいた方には、補助金額試算表や補助金受取までの流れを記載したエクセルファイルをプレゼントいたします。

お問い合わせはこちら

サービス

個人でウェブサイト制作を行っている方々向けに、IT導入補助金の申請サポートサービスを提供しています。
詳細については、下記バナーよりお問い合わせください。

欲しいITツールは決まっているがこれが申請できるか分からない、一度申請したが不採択になりどうすればいいか分からない・・・などお困りの方は下記よりお問い合わせ下さい。