【2022年度】IT導入補助金とは|注意点や採択事例など紹介!

2022年度のIT導入補助金についてよくわからないといった方向けに概要と申請前の準備物、実際に申請して採択された案件をご紹介します!
また、今年度の補助金申請行った内採択されたのは85%と、過去のIT導入補助金と比べて採択率がとても高く(デジタル化導入基盤枠のみ)今申請するのをおすすめします

2022年度のIT導入補助金の最終締切日が発表されました。
今年度の最終締め切りが2023年1月19日までですので、それまでに導入するソフト等を決め申請をしましょう。

2022年度IT導入補助金とは

IT導入補助金とは中小企業・小規模事業者が自社の課題を解決し生産性の向上を目的とした、2017年から継続されている補助事業です。
ソフトウエア購入、ハードウエア購入、クラウド利用料、初期設定などの導入に係る費用等の一部に補助金が適用されます。

今年度のIT導入補助金は3種類の枠があり、それぞれ補助率や対象のソフトが違いますのでお気を付けください。

・通常枠(A・B類型)

・セキュリティ対策推進枠

・デジタル化基盤導入枠

通常枠(A・B類型)

AまたはB類型はソフトウエア購入費・クラウド利用料(1年分)・導入関連費に適用され、
補助率は1/2でA類型の補助金額は30万円~150万円未満、B類型の補助金額は150万円~450万円以下です。
またA・B類型の発表されている採択率は約50%ほどとなっております。

セキュリティ対策推進枠

セキュリティ対策推進枠は高まるサイバー攻撃事案の潜在リスクを踏まえ今年度の途中から追加された枠です。

事業の目的
中小企業・小規模事業者などのみなさまがサイバーインシデントが原因で事業継続が困難となる事態を回避するとともに、サイバー攻撃被害が供給制約や価格高騰を潜在的に引き起こすリスクや生産性向上を阻害するリスクを低減していただく事を目的としています。

詳しくはこちらのIT導入補助金HPセキュリティ対策推進枠をご確認ください。

デジタル化基盤導入枠

ソフトウエア購入費・クラウド利用料(最大2年分)・導入関連費に適用されます。
補助金額は5万円~50万円以下では3/4補助、50万円超~350万円では2/3補助されます。
A・B類型との違いは会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフトのみが対応しています。

この枠ではハードウエアの購入費用が認められており、補助率1/2で
PC・タブレット・プリンター・スキャナーおよびそれらの複合機器は補助上限10万円
レジ・券売機などは補助上限20万円まで認められています。

IT導入補助金についてのお問い合わせはこちら

申請の前の準備物

さあIT導入補助金に申請しようと思っても申請するには準備が必要なものがあります。中には時間が掛かるものもありますので、お気を付けください。

GBizIDプライム

IT導入補助金ではGBizIDのプライムアカウントが必須となっております。

申請するには印鑑証明書などを付けて郵送で送らなければならず取得するまでに、おおよそ2週間程度かかる可能性がありますので早めの取得をおすすめします。
GBizIDはその他の補助金でも使用できますので、取っておいて損はないと思います。

GBizIDプライムの取得はこちら

セキュリティアクション自己宣言

IT導入補助金では無料で取得できるセキュリティアクション自己宣言IDが必要です。
こちらは下記のリンクから取得でき最後まで進めるとIDが発行されますので、IDをIT導入補助金の申請時に入力します。

セキュリティアクション自己宣言IDの取得はこちら

履歴事項全部証明書

IT導入補助金の申請提出日より3カ月以内のものが必要ですので、事前に準備ください。

納税証明書(その1またはその2)

国税の納税証明書(その1またはその2)が必要です。よくある間違いとして県税の納税証明書を添付されている方がおりますので間違えないようお気を付けください。

採択事例

今年度弊社で申請した案件をご紹介します。

デジタル化導入基盤枠:会計ソフトfreee

freeeを導入したいご要望がありIT導入補助金を使って導入することになりました。

申請内容はこちらです。

50万円以下の補助率3/4
・freee会計ソフト
・freeeの初期設定費用
・freee用のパソコン

申請額合計400,000円で申請しました。

デジタル化導入基盤枠:ECサイト

長年計画されていた商品を販売する為新規ECサイト制作を申請しました。

申請内容はこちらです。

50万円超の補助率2/3
・ECサイト制作費用
・ECサイト導入コンサルティング

申請額は2,500,000円で申請しました。

まとめ

IT導入補助金はデジタル化導入基盤枠であれば採択率が約80%もあり、以前までのIT導入補助金と比較するとかなり通りやすくお得となっております。
今回のIT導入補助金の目的はインボイス化を進めることですので、それ以外のソフトはA・B類型の1/2になってしまいます。
2/3補助を狙うには対応するソフトウエアが少ないですが、会計やECサイトなどが必要な方は申請してみてはいかがでしょうか。

みどりデジタルサポートではIT導入支援事業者として採択を受けておりますので、ITツールの導入でお悩みの方はぜひお問い合わせください。

IT導入補助金のお問い合わせはこちら